スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「これを見ても、まだ私が選ばれたのは不満かね」と光合成を始める環境大臣。
テーマ:思い出

「地獄。」
みなさんはこの言葉を一回は耳にしたことがあるだろう。

1 仏語。六道の一。この世で悪いことをした者が死後に行って苦しみを受けるという所。閻魔(えんま)大王が生前の罪業を裁き、
獄卒の鬼が刑罰を加えるという。八熱地獄・八寒地獄などがある。奈落(ならく)。

2非常な苦しみをもたらす状態・境遇のたとえ。
この内容から見てもわかるように地獄とは悪い事した人が贖罪のために苦しみに落ちていくさまである。

無論、その苦しみが尋常でないのは論を俟たない。
要するには地獄とは悪いことしたら行く場所なんだよな。
善人には無関係な場所なんだよな。

担任がよく「真面目な人が損する住みにくい世の中はいかんのです」

ってよく念仏のように言ってたけど
んで英語は毎日英単語などの小テストしてくるわでまぁ学生生活としてはいやですけどごく普通な日々だったんですよ。

定期考査終わって学年最下位という残念な結果に終わったうちのクラスで三度の飯よりウニが好きだった担任は

いきなり朝のホームルームで「今日から3回小テスト落ちた人は次の定期考査終わるまで最終下校時刻まで残って居残り勉強してもらいます。」

みんな「何言い出すんだ?このラーメンマンは。頭に聖徳太子でも詰まってるんじゃねぇか?」
と心の中で思ったに違いない。

そしてこれから後に『下田地獄』といわれる地獄の鬼も全裸で手鏡没収されて半泣きになりそうな地獄が始まったのだった。
いきなりただの小テストと思ってた英単語のテストや漢字のテストが悪魔の所業になったからな、本能寺の変をいきなりされてマジきょとん顔になった織田信長の気持ちが痛いほどわかった。

そう、焦燥し切った利己的な奴が蔓延るこの現代と呼ばれる戦国時代を生きる侍とは僕たちのクラスのことだったのだ。

次々と下田地獄という果て無きロンドに落ちていくクラスメイト達。まさにラスト侍のクライマックスシーンの
相手は銃火器でこっちは肉弾戦という不利をなんともしないで
それでも己の信念という名の刀を振りかざし果敢に立ち向かった奴を彷彿させる感じだった。

結局なんとか1年のときは自力でテスト落ちないようにして頑張った。

そこまでだったら美談で終わるんだど、中学二年になってやっと、この地獄みたいな日々が終わると思ってふと感傷に浸るわけなんですが

2年になって4月の始業式で担任発表でビックリした。多分全米が震撼した。

担任にはまたあの昔学生の頃に天然パーマ由来でラーメンマンとあだ名付けられ未だにラーメンマンと呼んできた顔と名前と住所と電話番号を覚えている男ではないか。

一瞬我が目を疑ったが事実として受け入れまぁ2年担任が一緒なのは続いたから仕方ないさ、

と心で自分を諭したものだった。

結局その年から改竄ってスキル覚えましてなんとか乗り切ったんだけど

3年の担任発表でまたもやラーメンマンが担任だったときは世の儚さと無常観で心がいっぱいになり、一種の黄金体験鎮魂歌食らってるんじゃねぇ?って思うほどだった。

授業中に「昔NACに行ってまして~」って話し始めたときに

僕が「島流し!島流し!」ってアホの仔みたいに喋ってたらそれが聞こえたらしく
「一生こういう関係で行こうや」と言われたときの事は色あせないで残っている。

こんな日記を思い出しつつ書いてるうちに子供の僕はただのうっとおしいハゲラーメンめ!

と思ってたけど今から思ったら彼なりの生徒に対する思いやりではなかっただろうか。

だから今年清風南海に引き抜かれたみたいだけどいつか全てが終わった後にお礼に行きたい思う。
下田地獄:エンドレスの食うか食われるかの暗黒武道会。これがあったから僕たちは未来に踏み出せたんじゃないか?って思います。
最後マジいい締めで終わった
スポンサーサイト
【2007/03/01 21:25】 | 過去日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<また一言ネタ系の芸人が酢豚に入ってるパインに言及してるよ。 | ホーム | 壁のタイルで妄想テトリスしてるが長いヤツが来ない。マジ来ない。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://propagation.blog95.fc2.com/tb.php/10-9d7cfc55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【改竄の知識】
改竄改竄(かいざん)とは、意図的にオリジナルの・他人に所有権のある情報を、第三者が自分の都合の良いものに書き換えること。コンピュータネット上のウェブページ改竄は、主に政治的な事柄を主張するために行われているが、基本的に愉快犯的な傾向もあるため、ある種のユ セキュリティ技術・知識図鑑【2007/03/19 15:19】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。